心療内科として心の底から癒してくれる風俗がおすすめ

白い下着の女性

心療内科としての風俗サービス

赤い服の女性

【うつ病すれすれの日々】自分の場合、精神的にデリケートにできている割に、真面目で、まあそれなりにプレッシャーやら競争やらは普通にある勤務先だったりで、メンタルにきつい時期は、多分人並み以上にあるのではないかと思っています。因みに、お酒は飲みませんし、ストレスが発散できるアクティブな趣味もなし、ついでに友達も少ないというタイプです。会社に行けなくなっちゃたり、「うつ病」と診断されるというところまではいかないにしても、結構ぎりぎりその一歩手前な感覚は、頻繁にあります。

【救いの女神としての風俗嬢】こんな自分は、幾度となく、風俗のおねえさんに、メンタルの危機を救われました。「気分転換」というほど気楽で前向きな感じじゃなく、ちょっとこのままじゃヤバいな、というピンチに、幾度となく、オキニのヘルス嬢との(プレイももちろんなのですが、むしろそれ以上に)温かいふれあいに救われたものです。自分にとって、その嬢は、冗談抜きで「救いの女神」でしたし、少々大げさに言えば、心療内科のドクターに診察を受けているのに似た感覚でもありました。自分のように、折れやすい心の持ち主の、いわば駆け込み寺としての、風俗産業の機能は、表立って語られることはないですが、確かに存在すると思います。

news

  • 心療内科としての風俗サービス

    MORE

  • 友達とお酒を飲みながら風俗

    MORE

  • 優良風俗店を探すコツ

    MORE

TOP